完璧への圧力 Pressure to Achieve

完璧への圧力は,スーパーキッズという表現をされることもあります。米国きょうだい支援プロジェクトが作成した「きょうだいが親とサービスプロバイダーに知っておいて欲しいこと」には20項目があるのですが,その第3番目に挙げられているテーマでもあります。

・きょうだいは「自分はスーパーキッズになって,勉強もスポーツも何もかも完璧でなくてはいけない」と思っていることがあります。


圧力の出どころは,
親からの圧力。
祖父母,近所の人からの圧力
自分でかける圧力。
と,様々です。


圧力をかける理由には,
障がい児のできないことを補償するため。
良い子でいれば,親に振り返ってもらえるため。
などがあります。


今きょうだい児を育てている親御さんに伝えたいことは,次の3つです。
健常だからできて当たり前と思わない。
障がい児が何か小さなことを達成したときに褒めるのと同様に,きょうだいが達成したことをきちんと褒める。
親戚や近所の人からの圧力があることに気づいたときには,圧力をかけないようにお願いする。


・「きょうだいが親とサービスプロバイダーに知っておいて欲しいこと」の翻訳文は,きょうだい支援の会のサイトの「The Sibling Support Project日本語版」で読むことができます。

参考文献:
Special Siblings by Mary McHugh
Sibshops: Workshops for siblings of children with special needs by Don Meyer and Patricia Vadasy